ハッピーホルモン

 
衝撃的な記事を見つけた。

幸せは腸からやって来る?!腸とストレスの密接な関係

 

「ハッピーホルモンと呼ばれ、やる気や幸福感につながる脳内の神経伝達物質「セロトニン」は実は脳にはたったの1割しかなく、9割が腸にあることが明らかになりました。

セロトニンは、食事からのトリプトファン(アミノ酸の一種)から、葉酸やビタミンB6などに助けられ、主に小腸内で合成されています。

ハッピーホルモンを増やすためには、やはり腸内の環境を整えておくことが大切と言えますね。」

 

ということは、腸の調子が良ければハッピーホルモンがたくさん出て

幸せな生活を送れるという事よね。

 

 
逆に腸の調子が悪ければ、ハッピーホルモンの欠乏で文字通り「ハッピーじゃなくなる」ってことね。
そんなに腸って大切だったのか!

どおりで塩水洗浄して便が散々出た後はものすごく明るい気持ちになれるはずだわ。

「私はこれから何でも出来る気がする。」

「未来は明るい。」

「とても幸せ。」

と自然と思えるんだよね。

 

ためしてガッテンでも「痛み&認知症に効く!「癒やしホルモン」の驚きパワー」として紹介していた。

癒やしホルモン(ハッピーホルモン)は、「オキシトシンやセロトニン」と言うそうだ。

 

8f188c6892afcb29102980e8432daaae_s

 

腸がスッキリしている時は、無理やり思い込んでるわけではなくて、自然と明るくて幸せな感情が湧き上がる。

 

逆に便秘が続いて3日も4日も便が出ないときは
精神的にイライラしてマイナス思考になる。

 

「どうせ生きてたって楽しいことがない。」

「私なんて成功しない。」

「周りの人は私を分かってくれない。」

 

などと暗い思考のオンパレード。

 

こんな考えで生活してるから
人間関係もうまく行かなくなる。

だんだん他人に対して優しく出来なくなってくる。

最悪の状況だ。

 

573dbc5464f8eab22ea3ba6a18ec15ab_s

 

前にも書いたけど

腸がすっきりして便が出ると仕事もうまく行く。

長時間集中して取り組めるし、
「これは難しい。」と思う仕事にも積極的にチャレンジ出来る。

 

そして何とか出来てしまう。

 

以前は難しい仕事を成し遂げるには

日々の努力とか

個人のスキルとか

訓練とか

忍耐とか

修行が必要だと思っていた。

 

もちろんこれらも必要だろうけど

腸内環境が良くないと、力をうまく発揮出来ないのよ。

腸がきれいならそれだけで仕事も出来てしまうんだよなぁ、なぜか。

 

ここ数ヶ月腸活に取り組んできた実感だ。

 

 

あと人間関係もうまく行くんだよね。

腸の調子がいいと、ハッピーホルモンが出ているせいか家族に優しく出来る。

友人にも優しく出来る。

 

ささいな事で怒ったりしない。

「まあ、いいか。」と流せる。

 

747b8f2a4054fb149a68268ee2a20fb9_s

 

本当に腸って人生をつかさどってるのね。

腸の健康=人生の幸せ

と言える。

 

大げさかもしれないが今の自分はそう思ってしまう。

ほんとに腸内環境良くしたいなー。

 

切実な願い。

 

ハッピーホルモンの出し方としては、「毎日うん○を出すこと(快便)が大切なのかなぁ。」という結論になった。

もちろん食べ物(食生活)も大切だろうけどね。

 

にほんブログ村 健康ブログ 腸内環境へ
にほんブログ村

関連記事
昨日久しぶりに塩水洗浄をした。
  日々の生活習慣に
関連記事
昨日久しぶりに塩水洗浄をした。
  日々の生活習慣に