白湯を飲んで5日目、なんかいいかも

 

白湯を飲んで5日が経った。段々白湯をたくさん飲めるようになって来た。慣れたのだと思う。相変わらずおいしくはない。

 

 

 

白湯を飲んで4日目の記事はこちら。3日目の記事はこちら

 

 

 

味気ないお湯をただ飲んでいるだけなのがつらい。温度が50度くらいだから、フーフー冷ましながら飲んでいるのであまり味を重視していないだけで、しばらくして温度が低くなってくるととてもマズイ。「なんでこんな物をわざわざ飲まないとならないのか?」と腹が立ってくるレベル。だからぬるくなると飲まないで捨てている。

 

 

しかしこうやって我慢して1日に500mlの白湯を飲んでいるお陰で、今日はなんと今までよりも快便だった。多少すっきりした排便があった。いつものように7時から9時までの間、チビチビと白湯を飲んでいたら、朝の10時ごろに催してトイレに駆け込んだ。

ff24ca0db75b0a8507d283bc602bf833_s

 

 

前日までは便意があっても「スッキリした。」という感覚があまり無かった。スッキリ感を100とするとせいぜい50くらいだった。しかし今日は70くらいのスッキリ感だった。嬉しかった。やはり白湯を飲むのを続けているお陰かな。

 

 

 

この調子で白湯を飲み続けていれば、どんどんスッキリ感が高まって、最終的にはスッキリ感が100%になるかもしれない。そんな希望が持てた。このまま白湯作戦を継続していればわざわざ排便を促すお茶やサプリを買わなくても済むかも。本当はその方がいい。

04f14ca24d3c7a40e55554653b6b8a91_s

 

 

普段から腸内環境を良くするために食事に気をつけたり、乳酸菌を取ったりケフランを食べたりは継続するけれど、白湯を飲むことで便秘が解消するならそれがベストだ。

 

 

 

白湯を飲んでなぜ便秘に効いたのかを自分なりに分析してみた。

 

・体が温まって血行が良くなったから

最近気温が上がったせいか、日中オフィスでクーラーがかかっている。だからたまに寒いなと感じるのだが、そんな時も白湯を飲んでいると体が温まって不快感をあまり感じない。体や内臓が冷えると大腸や小腸も冷えて活動しなくなるので便秘になる。逆に体が温まると内臓の動きが活発になるのだから、やっぱり冷えは便秘の大敵。

e7210556ea1899fc436933491e3a6934_s

 

 

白湯を飲むとおならが出るのだが、臭くない。臭いおならが出ている時は消化が追い付いていない証拠らしいが、臭くないおならは出た後にスッキリする。良いおならな気がする。でも仕事中におならを我慢するのが一苦労。でも白湯を飲んで3日目くらいまではおならが出まくったが、5日目ともなると、おならは出ずに便が出たので腸の状態も段々良い方向に変わって来たのだと思う。

 

 

 

これからもしばらく白湯を頑張って飲むつもり。そして目指せ、快便!

 

 
にほんブログ村 健康ブログ 腸内環境へ

にほんブログ村

 

 

関連記事
  白湯を飲んで3日
関連記事
  白湯を飲んで3日