病み上がりの体に強烈なものを流し込んだので胃腸が驚いた「辣椒漢(ラショウハン)」の汁なし担々麺」

 

先週、風邪を引き2日間寝込んだので、腸の調子も最悪なこの頃。

 

 

風邪のウイルスに胃をやられたので、先週は全く食欲が無かった。今でもあんまり食欲が無い。よって腸の調子も悪い。

 

 

 

風邪で体も腸も胃も弱っているというのに、それなのに、頼んでいた食べ物が宅急便で届いたので我慢できずに食べてしまった。

 

 

 

ラーメンマニアが選ぶ担々麺ランキング1位


東京(神田・駒込)に実店舗を構える「辣椒漢(ラショウハン)」の汁なし担々麺!

 

 

 

私は担担麺が好きなのだが、汁無し担担麺は食べた事が無い。サイトを見て「おいしそう。これは食べてみたい。」と思ったので3個1セットを注文してみた。家庭でお店の味が再現できるらしい。2,780円(税込)だが、クール便の料金が別途かかる。

 

 

 

担担麺ごときに1食千円近くかかるのかぁ・・、とためらったけれども迷った挙句ポチってしまった。だって本当においしそうなんだよねぇ。食べて口コミ・レビューしたくなる。近所に汁無し担担麺の店は全くないので仕方が無い。

(宅配セットにはネギとカイワレは付いていません)。

 

 

 

このように麺、汁、肉、ナッツの4点セットが3つ付いてくる。麺をゆでるお湯でスープと肉も解凍すればいいので、楽々クッキング出来る。所要時間3分以内。

foodpic7039703

 

 

こんな唐辛子たっぷりの刺激物を風邪で弱った胃に流し込むなんて、ものすごい暴力行為なのは分かっているけれども、我慢できずに食べてしまった。まだ病み上がりなんだから胃腸に優しいものしか食べちゃいけないのにね・・・。私が注文したのは人気NO.1の正宗担々麺。20代~40代の男性に大人気らしい。

 

 

 

さてお味の方は「本当においしくて満足」した。結構辛かったけどね。さすが痺れマニアをトリコにしている担担麺だけあって本格派だった。麺も汁もインスタントとは全然違う。やはり「調味料からスープまで研究を重ね全て手作り。自慢の醤油だれ、辣油、芝麻醤、花椒油、花椒粉、特製黒酢、食べる辣油などを駆使し絶妙なバランスで、本場四川に引けを取らない日本屈指の美味しい担々麺を提供しています。」とサイトに書いてあるだけあるね。

 

 

 

変態向けの激辛(プレミアム正宗担々麺)もあるそうだ。私は注文する勇気はないが、猛者の方は試してみてね。


 

 

そういう訳で病み上がりの体で本格派の汁なし担担麺を食べてしまったので、その後胃が痛くなり眠れなくなってしまった。胃をおさえながら布団の中で七転八倒した。アホですねー。これは辣椒漢の担担麺が悪いのではなくて、弱っている胃腸に強烈な辛さの食品を流し込んだ私が悪いのです。決して辣椒漢の担担麺のせいではない、という事を書かせて下さい。

 

 

 

弱った体でもおいしく感じたので、健康体の時に食べたらもっとおいしいはず。今回は「弱った胃腸に唐辛子を投入すると胃が痛くなる」という人体実験の結果を記事にしただけなのだった。(ウソ)。

 

 

実店舗の情報はこちらからどうぞ。

 

 

通販はこちらから↓
ラーメンマニアが選ぶ担々麺ランキング1位

 

動画はこちら。

 

 

 

 

にほんブログ村 健康ブログ 腸内環境へ

にほんブログ村

 

 

関連記事
  日々の生活習慣に
関連記事
  日々の生活習慣に