強い女が一番だ

最近仕事がいっぱい詰まっていて、緊張感がある毎日を過ごしているので、ものすごい便秘気味だ。一向に便ちゃんが来る気配が無い。悲しい。

 

 

 

やはり精神的なプレッシャーがあると、便秘になってしまうんだよね。(私の場合特に)。
食生活も睡眠も気を付けていて、腸に良いサプリ(乳酸菌革命)なども色々飲んでいる。それなのに今週は便秘がひどい。白湯も相変わらず飲んでいるのに・・・。

 

 

 

会社で精神的に追い詰められる日々を送っているのが便秘の原因なんだろうなぁ。
結局は今の仕事を辞めない限りは便秘は治らないだろう。

 

 

 

少し前に会社を休んで丸一日、姉と食事したりショッピングをしたのだが、その日はものすごい快便だった。精神的に開放されてとても楽しかったので、仕事の時のような変な緊張感が無かったからだと思う。便秘がいかに精神的なものに左右されるかが、分かった出来事だった。

 

 

さて私は、結婚していて子供がいるのだが、「母親は精神的にも体力的にも強くないと務まらない。」とつくづく思う。毎日家事をし、仕事をし、子育てをしなければならない。それも十何年も続ける必要があるのだから体力がないと務まらない。

 

 

また精神的にも強くないと続けられない。いちいち「疲れた、もう何もしたくない。」などとくじけていたら家庭が崩壊する。どおりで世の中には体型も肝っ玉もドデーンとした迫力あるお母ちゃんが多いはずだ。その位でないと母親業はやって行けないからいいのだ。

 

 

 

結婚する前までは、か弱くておとなしくて、はかなげな女性がモテるかもしれないが、結婚して子供が生まれたらそんなのクソ食らえだ。か弱くてはかなげでは子供を育てる事は出来ない。

 

 

一見おとなしくて弱そうに見えても実は強い、という女性ならいいが、本当に弱いとダメだと思う。強い女が一番だ。男は人前では自分が一番偉くて強いように振舞いたいだけだと思う。人前では立ててもらいたいだけで実は強い女が好きに違いない。女に生まれてからの本領発揮は、精神的にも体力的にも強くなってからだと思う。

 

 

 

私はもともと体力があって精神的にも強い訳ではないが、今の方が20代の頃よりも強い。確実に強い。20代の頃はすぐに疲れて「疲れた。もう仕事したくない。」などと弱音を吐いてばかりいた。その上家事などほとんどせず、空き時間は全て自分のためだけに使えたにも関わらず、仕事も勉強も大してせずにゴロゴロしていた。本当にもったいなかったと今なら思う。

 

 

今は仕事をみっちりした後に家に帰りすぐさま家事をし、子供に勉強を教え、副業を少しした後にやっと寝る。自分の時間は30分くらいだ。世の中のお母さんはみんなこんな感じだろう。もっと忙しい人もいる。このサイトを読んでくれている方の中にも私と同じような生活パターンの人もいらっしゃると思う。こんな慌ただしい生活をしていたんでは便秘になってもおかしくない。

 

 

 

たまには心からゆっくり過ごしてみたいものだ、と思うけれども、なかなか難しい。こんな生活の中でも便秘解消のためにこれからも頑張っていこうと思う。

にほんブログ村 健康ブログ 腸内環境へ

にほんブログ村

 

 

関連記事
  英語の勉強を10
昨日、夫が交通事故を起こした。
先日「会社に嘘つき野郎が居て、
関連記事
  英語の勉強を10
昨日、夫が交通事故を起こした。
先日「会社に嘘つき野郎が居て、