いきなりの大逆転

先日「会社に嘘つき野郎が居て、そいつと四六時中一緒に仕事しているからストレスがすごくて便秘が悪化した。」とここに書いた。

 

 

 

そいつは実力が無いのに、常に出来るフリばかりしている。自分をカッコよく見せる事しか考えていない。だから嘘を平気でつく。知らないことも「知っている。」と言うし、説明も適当。インチキ野郎なのだ。

 

 

 

私はそいつと二人一組で仕事しているので、今まで迷惑をかけられており、ほとほとイヤになっていた。これまでに奴と口論したことが何回かあるが、ばからしいのでもう彼には何も言わない事にした。

 

 

彼は上司の前でもいいカッコをしたくて仕方が無いので、私と一緒にいると「俺はこいつよりも出来る。実力が上なんだ!」とアピールしてばかり。最近は私を下げて自分上げる発言が多くて本気で腹が立っていた。ライバル意識を持つ前に仕事をちゃんとして欲しい。

 

 

 

こんな毎日が3か月続いていたが、ついに逆転大ホームランに匹敵する出来事が昨日あった。急に上司に私だけが別室に呼ばれたのだ。

 

 

上司は言いにくそうに「○○さん(嘘つき野郎)の仕事ぶりがヒドイのでクレームが来ています。彼と一緒に仕事していてどう思いますか?正直に教えて下さい。」と私に聞いたではないか!

 

 

 

私はびっくりしたが、彼の嘘つきぶりは他の人も分かっていたんだ、とホッとした。

 

 

 

私はここぞとばかりに「彼は〇〇の仕事には向いていないと思います。かなり情報を落としています。説明する内容も半分は適当な事を言っています。」と言った。本当のことだから仕方がない。と同時に彼の良い点もほめた。確かに彼は嘘つき野郎だが良い点もあるのだ。そこは私も評価しているのでちゃんと上司に言った。しかし一番重要な事が出来ていないのが問題なので、そこは強調させてもらった。

 

 

上司はとても困っているようで彼をこのまま使い続けるかどうかを迷っていた。

 

 

 

この出来事は私にとっては大逆転ホームランだった。今までみんな奴のウソに騙されていると思っていたのに、ウソを見破っていた人が何人もいたのだ。私は正しかったんだ、と思い心からホッとした。それと同時に奴への憎しみも無くなった。

 

 

 

私が奴と戦わなくても勝手に自滅してくれたからだ。もはや彼と張り合う気すら起きなくなった。今後、遅かれ早かれ彼にはクビなり異動なり何かしらの対処がされる。もはや私が直接手を下す必要なんてない。

 

 

 

もう彼のことはどうでも良くなった。と同時にその翌日にはお通じがあった。ここのところ前よりも便秘が悪化していたというのに、体は正直だね。ストレスが無くなったと同時に便秘が治るなんて。これからはもっと良くなるに違いない。

 

 

にほんブログ村 健康ブログ 腸内環境へ

にほんブログ村

 

 

関連記事
  英語の勉強を10
昨日、夫が交通事故を起こした。
最近仕事がいっぱい詰まっていて
関連記事
  英語の勉強を10
昨日、夫が交通事故を起こした。
最近仕事がいっぱい詰まっていて