人間は腸に支配されている

なぜか昨日は3回もお通じがあった。便秘体質の私にしては奇跡だと思う。それも仕事がある日で全然リラックスしていなかったのに、出たので驚いた。仕事中は緊張感とストレスが満載なので自律神経の働きが正常じゃなくなって便秘になる。今までずっとそうだった。

 

 

 

しかし昨日は違った。朝、昼、夜と3回もお通じがあったのだからびっくり。嬉しかった。なぜだろう?自分なりに考えてみた理由は3つ。

 

 

 

白湯を飲み続けて2か月以上経つから

 

・最近ウォーキングをしているから(週に2,3回)

 

エンジェル・オコレを飲んでいるから

 

 

これくらいしか考えられない。後は前と条件が変わっていないどころか、仕事のストレスは増えている。でもいろいろやってみて効果が出てくると嬉しいし、これからもがんばりたくなる。

 

 

さて今日は腸がいかに人間を支配しているか、影響を及ぼしているか、賢いかについて書いてみる。

 

幸せになりたい人は腸を鍛えろ!? 脳の次は腸がブーム ダ・ヴィンチニュースより引用

 

 

腸はどのようにかしこいのか。そのひとつに、「セロトニンが90%腸に存在」していることが挙げられる。たとえば、「腸内に危険な物質が入ってくると、腸内のセロトニンが働いて脳に危険な物質を胃から吐き出せと命令を出させると同時に、脳を介せず下痢という手段で体内から危険な物質を排泄させようとする」。つまり、脳の命令がなくても、腸は独自に命令を発信できる機能を持っているのだ。

 

などと書いてあり面白かった。

 

 

ある意味、腸は脳よりもすごいのかもしれない。このサイトでいろいろ実践していて思うのだが、腸の調子により自分の体調と精神が思いっきり左右されていると感じる。例えば腸が良い状態だと次のようなメリットがある。

 

 

 

・体調が良くなる(肌がキレイ、顔色がよい、肩がこらない、頭痛がしないで頭がさわやか、体が重くない軽い)

 

・気分が良くなる(明るい気持ちになる、ささいな事が気にならない、前向きになれる、人に優しくなれる)

 

 

結局、腸は心にも体にも影響を与えているのだ。人間の全てをつかさどっている、と言ってもいいのではないだろうか。だからこそ腸にフォーカスして腸をキレイに保つ努力さえしていれば、健康面も精神面も満たされて自分を良い状態に保てるのだと思う。

 

 

健康でキレイで性格の良い人になりたければ、腸内環境を良くすること!これに尽きるのではないだろうか。腸の状態を最大限に良くすれば10歳若返る事は可能だと、私は本気で信じている。
 

にほんブログ村 健康ブログ 腸内環境へ

にほんブログ村

 

 

関連記事
  「腸は第二の脳」
昨日久しぶりに塩水洗浄をした。
  日々の生活習慣に
関連記事
  「腸は第二の脳」
昨日久しぶりに塩水洗浄をした。
  日々の生活習慣に