ミニトマトを大量に食べたら翌日・・・

 

先日、大量のミニトマトをもらった。親戚が野菜を趣味で育てているので良く野菜をくれる。ありがたい事だ。だから私はあまり野菜をスーパーで買わなくても済む。

 

 

 

スーパーで買い物をしている時のカゴの中には野菜が全く入っていないので、周りから見たら「この人、野菜を全然買わないで肉や魚ばかりでロクな食生活してないんじゃないかしら?」「主婦失格ね。」と思われてる気がして結構ビクビクしている小心者の私であった。「お願いだから私のカゴの中を見ないで!」と思うのであった。

 

 

 

そして心の中で「違うんです。野菜はいっぱい親戚からもらえるから、スーパーで買わなくてもいいだけなんです。信じて下さい!いつもちゃんと野菜をたっぷり使った料理も作ってます。」と叫びたくなるのであった。

 

 

 

 

親戚は、いつも野菜をくれるのでもちろん感謝しているのだが、時にはものすごい量の野菜を一気にくれるのでたまに困る。こんな事を言うと恩知らずのようでイヤなのだが、うちは3人家族なので大量の野菜をもらっても食べきれない。しかしせっかくもらったので頑張って野菜を全部使い切るようにしている。

 

 

 

先日はものすごい量のカリフラワーをもらった。大きな頭のようなかたまりを3つ。これを使い切るにはどうすればいいかをしばらくネットで検索してみたら、「カリフラワーのから揚げ」というのを発見した。作り方は鳥のから揚げの時と全く同じ。鳥のからあげと同じサイズにカリフラワーを切り、からあげの液体に付けて揚げるだけ。市販のからあげの元を使うと更に簡単に出来る。

 

 

味はサクサクしておいしい。子供も喜んで食べた。クセの無い味なので子供から大人までウケると思う。

 

 

 

しかしカリフラワーのかたまりが60個以上出来たので、ひたすら揚げ続けてものすごく疲れた。「ここは、からあげ専門店の厨房か!」と思う程ひたすらから揚げを揚げ続けたので、しばらくカリフラワーを見るのもイヤになった。「カリフラワー地獄」という言葉があるのなら、まさにこのことなんだろうな、としみじみ思った。

 

 

大量のカリフラワーのから揚げを冷凍にしておけば2週間位はもつのでしばらく食卓に並べる事が出来た。鶏肉のから揚げよりもあっさりしていてヘルシーなのに醤油味がしみていておいしかった。子供は鶏肉のから揚げだと思って「わーい、から揚げだー!」と喜んで食べていた。

 

レシピはこちら。大人気!カリフラワーのから揚げ

 

 

 

さて、先日は大量のミニトマトをもらった訳だが、下手に料理せずそのまま食べる事にした。ミニトマトの良い点はそのままで見栄えが良いところ。包丁で切らなくてもいい。洗って乗せたり、添えたりするだけで絵になる。書き忘れたが、親戚が育てたミニトマトは、普通のミニトマトよりも1.5倍~2倍大きい。一口では食べられない大きさだ。良い土の畑で作っているせいか大きく育ったようだ。

 

 

そんな大き目のミニトマトを昼に10個、夜に10個食べた。合計20個も食べたせいか、翌日は便通がものすごく良かった。

 

 

 

ネットで調べたら、やはりトマトは便秘の解消に役立つとのこと。

 

以下「便秘が治れば人生が変わる」より引用。

 

トマトに含まれるカリウムは、塩分を体の外に排出するという働きがあります。塩分とりすぎになりやすい現代の食生活で、余計な塩がたまっていると便がカチカチになって出にくくなります。そんな塩をスッキリ出してくれるカリウムをとれば、腸の中で便がカチカチになってつまってしまうのを防げます。

 

 

トマトにはマグネシウムも含まれています。マグネシウムは良くきく下剤として処方されます。マグネシウムをとると便が水分を含み柔らかくなる(注意;とりすぎると水溶便になる)という効果があります。トマトを食べるとカリウムもマグネシウムも一気にとれて一石二鳥。やわらかい便と共に余分な塩が一気に排泄され体の調子がスッキリ良くなります。

 

 

引用終わり。

 

 

 

そういう訳でトマトは便秘解消に役立つ野菜だと改めて分かった。まだ家の冷蔵庫にミニトマトが10個以上残っているので、今夜も早速大量に食べようと思う。(皆さんは、食べ過ぎに注意して下さいね)。

 

*効果には個人差があります。

 

手軽に純国産野菜を体に取り入れるなら

 

 

 

 

にほんブログ村 健康ブログ 腸内環境へ

にほんブログ村

 

 

関連記事
  日々の生活習慣に
関連記事
  日々の生活習慣に