ハロウィンって一体何なの?日本に必要?

 

便秘が治らない。先日、夫とけんかして家出したくなったので子供を連れて車中泊をした。その時の記事はこちら

 

 

 

2泊3日の旅行(家出)の間、ずっと便秘だった。子供も便秘になった。子供は旅行の最終日に便通があったが、私にはいまだに無い。最近はやっと便秘が和らいで来たというのに、また便秘体質に戻ってしまった。悲しい。

 

 

 

旅行に行くと便秘になる人は多いが、私もそうなった。普段とは違う生活スタイルになるのでリズムが狂うんだろうな。

 

 

旅行から帰って来てもう3日以上経つので、便秘が治っても良さそうなものだが、治らないから悲しい。おなかの辺りだけでなく体全体と頭がどよ~んとする。スッキリしない。こんな事では日常生活に差し支える。

 

 

土日ならば塩水洗浄が出来るが、平日は出来ないのでスッキリする方法が無い。困った困った。

 

 

 

さて、もうすぐハロウィンですね(棒読み)。私は46歳なので、自分の若い頃にはハロウィンなんて無かった。ハロウィンが流行り出したのって10年位前よね。更に仮装が流行り出したのはここ数年の事だと思う。新しい行事なのでどうも馴染めない。

 

 

正直「ハロウィン、ハロウィンってうるせーんだよ。」と思う。そもそもハロウィンがあろうがなかろうが私の生活には関係ない。休日な訳でもないし仕事がある。更に仮装する必要性が分からない。あんな仮装行列を見たくもないのに、なぜ町に仮装した人たちがあふれるのか。迷惑だ。(言い過ぎ?)

 

 

 

私と同年代か上の年代の人は「ハロウィン?なにそれ?知らないし興味ない。」と思っている人も多いと思う。例えば64歳の会社の男性が言っていたのだが、彼は20年位アメリカに赴任していた。その時地方の一軒家に一人で住んでいたそうだ。

 

 

 

彼は毎年ハロウィンが来るのがイヤでイヤで仕方が無かったらしい。「Trick or Treat」「お菓子くれないといたずらするぞ。」とか子供が言って家に押しかけてくるのがうっとおしくて、毎回、家中の灯りを消して真っ暗にして声をひそめて寝ていたそうだ。

 

 

それも1時間や2時間ではなく一日中電気をつけずに居留守をしていたのこと。そりゃあ長い戦いだったね~。真っ暗な部屋で物音を立てずに生活していた姿を想像すると笑ってしまう。彼はとにかくめんどくさいからハロウィンが大っ嫌いだったそうだ。ちなみに彼は英語が出来るし、性格も優しいおじさんです。

 

 

そんな私にも似たような経験がある。私の地元にハロウィンに似ている行事があって子供が10人位の集団でやって来てワラのような長いヒモを振り回して収穫祈願みたいなものをしてくれるのだが、その子供たちにお礼としてお菓子をあげなくてはならない。

 

 

私が中学生の頃、姉と二人で日曜日に家でダラダラとテレビを見ていたら、いきなり軽トラックの荷台に乗ったやかましい集団がやって来て、家の庭に無許可で入り込み、大声で何かを叫び、棒を振り回して地面にたたきつけていた。

 

 

私と姉は一体なにが起こっているのか分からず、あ然としたが、「何かの伝統行事をしているっぽい・・・。ふざけているわけでもないし、嫌がらせをしているわけでもないらしい。」と察した。また「頼んでも居ないのに来なくていいよ。」と心の中で思ったが、同時に「この行事が終わった後にはタダでは済まないんじゃないだろうか・・・?」と混乱する頭でボーッと考えていた。

 

 

 

案の定、軽トラックを運転してきた唯一の大人(40代男性)が、「子供たちに何かお菓子をあげて下さい。」と言ったので、私と姉は大急ぎで台所に走り、何かお菓子を探したが、残念なことに何も無かった。その時の絶望感はすごかった。「がーん。」という音が頭に鳴り響いた。

 

 

言い訳になるが、普通の家庭にも関わらず10人の子供に与える大量のお菓子を常備している家の方が珍しいと思う。そういう訳でうちにもロクなお菓子が無かった。仕方が無いので必死の形相で冷凍庫を開けたら箱のアイスが2つあった。それを全てかき集めたら12,3個になったのでスーパーの袋に入れて、全てのアイスを子供たちに差し出した。

 

 

 

アイスを受け取った子供達は騒ぎながら軽トラックの荷台に乗って風の様に去って行った。私と姉は「何とか危機を乗り切った・・・。」という安堵感でいっぱいだったと共に、無理矢理むしり取られた、という喪失感でもいっぱいだった。

 

 

 

前から子供たち来る、と分かっていればちゃんとお菓子を用意出来、焦る事も無かったが、いきなり来られるとこんなに体力も精神も消耗するのか、と実感した。今から35年くらい前の話なのにいまだにありありと覚えている位だからショッキングな出来事だった。

 

 

 

そういう訳で日本にもハロウィンっぽい行事は既にあるのに、海外の行事であるハロウィンをありがたがって大騒ぎするのもおかしな話だよな、と思ってしまうのだった。

 

 

ビフォーアフター写真あり。まつげに悩んでいるならこれ。

 

 

 

 

にほんブログ村 健康ブログ 腸内環境へ

にほんブログ村

 

 

関連記事
関連記事