旅行ばかりしていると便秘がひどくなるけど楽しみたい

 

最近、また便秘がひどくなってきているので、市川園の毎日スッキリ茶を飲んだ。二日連続で飲んだら二日目の夜にお通じがあったが、おなかが痛くなってつらかった。

 

 

お風呂に入っている時におなかがキューッと痛くなったので、急いで湯船から飛び出して体を適当に拭いてトイレに直行した。家にいる時だったから良かったものの、この腹痛が仕事中それも会議中に起こっていたら悲惨だ。

 

 

 

 

そういう訳でこういう系のお茶は緊急事態の時にしか飲まないようにしている。そうでないとしょっちゅうオナカが痛くなってしまう。それにクセになったら良くないよね。お茶に頼らずになるべく自力で出さないと。

 

 

しかし便秘でどうにも苦しくなった時は本当に頼りになる。昨日市川園の毎日スッキリ茶を飲んで便通が起きた後は今までのドンヨリとした気分が嘘のように晴れてスッキリした。気分が良くなった。そして翌日も自然なお通じがあった。

 

この手のお茶は、困った時のために家に常備してある。定期的に便秘がひどくなるので、お茶が無いと心配で仕方が無いのだ。月に1~3回程度しか飲まないが手元にあるだけで安心する。

 

 

さて最近なぜ便秘がひどくなって来ているかというと、毎週旅行ばっかりしているからかもしれない。旅行していると普段の生活のペースが狂い、食生活が適当になるので便秘になりやすい。(過去の旅行の記事はこちら)。

 

旅行と言ってもホテルに泊まらずに車の中で寝泊まりしている。なるべくお金をかけない旅行なのだ。そして計画を立て過ぎない気ままな旅なのだ。先日は家の近くの道の駅に宿泊した。家から車で35分位の所にあるのでわざわざ泊まる必要は無いのに車中泊してみた。(家に帰って寝ればいいのに~)。

 

 

車の中にはカーテンを付けて、外から見えないようにした。材料は100円ショップで調達。こういうの苦手なわりには頑張ったつもり。

 

 

また平らな寝床を作るためにシートを倒し、スノコを乗せて隙間に布団を挟んだ。

 

その上にシートを2枚乗せたら自分と子供が二人で寝がえりを打てるスペースを作ることが出来た。段差を感じずに快適だ。

 

 

この上に掛け布団として毛布を掛ければ十分温かい。真冬だともっと工夫する必要があるだろうが、11月ならばこれで充分。そんな訳で子供は熟睡していた。夜10時から朝8時までぐっすり眠っていた。

 

 

また夜だけではなくて、車の中での昼寝も最高だ。夏は暑すぎて無理だろうが、それ以外の季節に車の中でしっかり横になって熟睡できる。最高に気持ち良かった。

 

 

昼寝は睡眠負債を解消する良い方法らしい。10分の昼寝は夜の睡眠の1時間にも匹敵するそうだ。雑誌「日経おとなのOFF」11月号に書いてあった。ちなみに私の姉はこの方法で睡眠不足を徐々に克服しつつあるとのこと。

 

 

しかしどこの駐車場でも長時間寝ていいわけでは無いので場所は十分選んでね。ルールを守って眠りましょう。高速のサービスエリアや道の駅などならほぼ大丈夫でしょう。また騒音を出したりごみを放置したりせず自己責任でお願いします。

 

 

また人が居なさ過ぎる暗い場所は安全面での心配があるので施設の近くに車を停めたり、ある程度電気がある明るめの場所を選ぶと良いらしいです。

 

 

今週末も近県の道の駅に行って車の中に泊まる予定。便秘がちになるのはイヤだけど、せっかくだから楽しもうと思う。

 

 

先日は台風の中、外で肉を焼いて食べてみたけど周りには誰も居なかった。(そりゃあそうだ)。

 

 

 

にほんブログ村 健康ブログ 腸内環境へ

にほんブログ村

 

 

関連記事
  月に一度は食べ放

 

関連記事
  月に一度は食べ放